押し入れが狭く布団が入らない、そんな時の解決方法とは

押し入れが狭く布団が入らないと困っているあなた。
特に冬用の布団はかさばりますから押し入れに入らないことがありますよね。
夏用の布団や冬用の布団を交換する時期の悩みの1つですよね。

また、押し入れによっては幅が狭かったり、奥行きが狭いことがあります。
これが原因によって押し入れに布団が入らないこともあります。

 

それでは、押し入れに布団が入らないときの解決方法について考えてみたいと思います。

 

布団干しを使う

押し入れに布団が入らない時は、布団を干す時に使う布団干しを利用する方法があります。
布団干しに布団をかけておくことによって布団を収納するのと同じ効果を得ることができます。
ただし、布団干しに布団をかけておくだけなので、ほこりや汚れがついてしまう恐れがあります。
その時は別にカバーをかけておく必要があります。
布団干しにかけるだけなので、布団を収納する時や、布団を使うときにそのまま干すこともできます。

 

収納バックを使う

次に、収納バックや収納袋を使う方法があります。
布団が入るサイズのものが売ってますので、収納バックに入れて押し入れにしまえば、スペースを生み出すことができます。
布団を押し入れにそのまま収納するよりスペースを有効に活用することができます。

 

圧縮袋を使う

次に圧縮袋を使って布団を収納する方法があります。
圧縮袋を使えば布団の厚みを抑えることができますので、押し入れのスペースを有効活用することができます。
ただし、圧縮袋に入れて収納できない布団もあります。

例えば羽根布団などです。
圧縮袋を利用して押し入れに布団を収納する時は圧縮してはいけない布団がありますので注意をしてください。
また、布団を長い期間収納することによって、湿気からカビが発生する可能性があると嫌だという方には圧縮袋を使用するやり方は向かないかもしれません。

 

収納ケースを使う

次に収納ケースを使う方法があります。
ただし、収納ケースの大きさによりますので、夏用の布団ならば入ると思うんですが、冬用のかさばる布団は入らないかもしれません。
夏用の布団や、毛布などかさばらない布団をしまう時に有効な方法です。

 

紐で縛る

布団を紐などで縛って収納する方法があります。
収納袋や収納バックと同じように布団を縛ることによって少し圧縮することができますので、押し入れのスペースを有効活用することもできます。

 

棚を使う

可能であれば、押し入れに簡単な棚を作ることによってスペースを有効活用する方法があります。
木製のしっかりとしたものだけでなく、スチール製の軽いタイプのものもあります。

例えば、棚の下に重い荷物を置いて、棚の上に布団を置くことができます。
棚を利用して布団を上段と下段に分けて収容でき、布団の取り出しが容易になります。

 

保管クリーニングを利用する

次に布団が押し入れに入らない時の解決方法として、少し変わった方法なのですが、布団をしまうのではなく、布団をクリーニングに出すやり方があります。
布団クリーニングのサービスによっては、布団を一定期間保管してくれるサービスがあります。
例えば半年間布団を保管してくれるサービスに預ければ、押し入れに布団を収納する必要がなくなります。
その分、他の物を押し入れに収納することが出来、スペースを有効活用することができます。
クリーニングに布団を出す際はクリーニング代が発生します。
またそれにプラスして保管代金が発生することもあります。
費用がかかってしまうと言うデメリットがありますが、布団は1年に一塊ほど洗ったほうがいいと言われておりますので、布団に着いたハウスダストや汗汚れなどを綺麗にしつつ保管もできると考えることができるのではないでしょうか。

更新履歴